ツナマジロ

若手俳優好きの軌跡

謎の存在「お父さん」その3

お題「恐怖体験・謎体験」

トンネルを抜けると


f:id:slothbab:20170407202744j:image

トンネルを抜けるとそこは、青々とした木々が生い茂る広い道だった。少し進むとかなり古そうな寺院が見えた。Googleの案内は、ここで終わっている。資料館は寺院の中にあるらしく、立派な門をくぐると右手にあった。15分ほど早めについたので、入り口の前でしばらく待ってみるが、全く人の気配がない。まだ時間ではないからだとは思うが、それにしても人気がなさすぎる。

人(の来る)気が無いのである

いっそ資料館の中に入って待とうとも思ったが、入館料を入り口の箱にいれて入る無人販売所的な仕組みらしく、お金を入れて入ったほうがいいのか、手伝いにきているのだからそのまま入っていいのかわからないので15分間ずっと立ち尽くしていた。

時間は来るが、人が来ない

学校から連絡が行ってないのだろうか。そういえば他にも同じ学校の人が手伝いに来ると聞いていたが、そっちの気配も全く無いのが不気味だ。実は日付間違えたのでは。ええ.......あきらめかけた。直後

 

「あ、えっと、手伝いの方ですか?」

 

 

 

つづきはこちら↓

slothbab.hatenablog.com